Archive for the ‘未分類’ Category

イエローフォールまったり旅

冬の福島を堪能するならこのイエローフォールを無視することはできません。
地元の方なら誰もが知っている隠れた観光スポットとなっていましたが、少しずつ知名度も上がり遠方からの観光客も増えてきています。
この地域の観光スポットとしては磐梯山が有名ですが、冬の間だけ見ることのできる観光スポットとして紹介されることも多くなってきているので、この時期を狙って福島を訪れる方も多くいるそうです。
磐梯山の中腹に冬の間だけ現れる現象で、とても寒さが厳しい1月から3月下旬あたりまでの間で見ることができます。
でも地元の方の案内がなければたどり着くのが大変な場所となっているほどの雪で覆われた山道となっているので、ツアーやガイドと共に行くことが必須となっています。
地元の冬季名物であるこの神秘的な世界は、一度は目にしたい自然の造形です。
幻想的な雰囲気も味わえるので、現実を忘れて見入ってしまう方も少なくありません。
五色沼と合わせてとても綺麗な観光スポットなので、今後はさらにたくさんの観光客が訪れるようになると思われます。
寒い地域なので夏場の観光客が多くなっていましたが、これからは冬季の福島の魅力を味わう観光客も増えていくことは間違いありません。

五色沼のお土産情報

五色沼と言うのは、福島県耶麻郡北塩原村大字桧原という場所にある沼で、毘沙門沼、赤沼、みどろ沼、弁天沼、瑠璃 沼、青沼と言われる沼地が有ります。
これは、磐梯山が噴火をした後に出来たもので、エメラルドやコバルトブルーの色を持つのが特徴です。
夏は多くの観光客でにぎわいを見せる場所でもあるのですが、秋季などの季節は紅葉も在ることからも夏以上の人出が在ると言います。

 

 

秋季は、赤や黄色などの色とりどりの紅葉と、沼の色合いのコントラストが鮮やかであり、写真を撮影する人も多くいますし、その地でスケッチを行う絵描きを行う人の姿も多く見られるのが特徴です。

また、この周辺はハイキングやトレッキングを行う事が出来るコースも用意されており、高低差が少ない事からも誰もがハイキングやトレッキングを楽しめると言う特徴もあります。

旅や観光で訪れた場合には、お土産を買って帰る事が多いわけですが、この地域のお土産と言うのは、会津磐梯山が近い事からも、会津名物などが多く在るのが特徴です。
例えば、会津山塩を初めとして、この塩を使った会津の羊羹なども人気が高いお土産品と言えます。
また、裏磐梯高原の特産品にはささげ豆とよばれるものもあり、人気が高いお土産品の一つでもあるのです。

桧原湖のドライブプラン

猪苗代湖側から見るとまるで天を衝くようにそそり立つ磐梯山。その北側一帯に広がる磐梯高原は裏磐梯と呼ばれ親しまれているリゾート地です。

 

明治21年の磐梯山噴火により大小200を超える湖沼群が誕生したこのエリアは、周囲を磐梯・吾妻・安達太良の火山群に囲まれた自然豊かな地域で、環境に配慮した観光道路も整備されており、磐梯朝日国立公園の中核として四季を通じて賑わいを見せています。

 

そして、この磐梯高原観光の中心になるのが、高原で一番大きい湖の桧原湖です。噴火による堰止め湖のこの湖は透明度も高く、水位が低下する時期には、湖底に沈む以前の集落の佇まいが見られるほどです。
湖周辺には周囲32キロを一周する車道の他に遊歩道やキャンプ場も整備されており、フィッシングやキャンプ、トレッキングなど夏季には多くのアウトドア派で賑わいますが、また、冬季の氷上ワカサギ釣りでも有名です。
そして、温泉や秘湯からリゾートホテルまで宿泊施設も豊富で、特に夏季の避暑地としても知られています。
ところで磐梯高原は表磐梯の猪苗代からのルートや、吾妻・安達太良の眺望に優れた磐梯吾妻スカイライン方面ルート、磐梯山を間近に見て走るゴールドライン、蔵の町喜多方に直結するルート、裏磐梯の湖と湖をつなぐ磐梯吾妻レークライン、西吾妻連峰を横断してお隣り山形県の米沢につながる西吾妻スカイバレーなど、主要観光道路の一大交差点にもなっており、ドライバーにとってもどの方面へのアクセスも良いエリアです。

日帰りで味わい尽くす

福島県の中にはあぶくま洞と呼ばれる鍾乳洞があります。
この鍾乳洞は、福島県田村市にある洞窟で、現在の釜山砕石場跡地から1969年に発見されたと言います。
この洞窟がある周辺は、あぶくま高地とよばれる場所で、大滝根山の斜面には仙台平と言う、カルスト台地が広がっており、古い時代から石灰岩や大理石の採掘が盛んな地域でもあり、この洞窟が発見されたと言います。

 

春季は、春休みの時期になると、休み中の学生などが訪れたりする観光スポットでもあるのですが、春季は新緑の季節でもあり、周辺の山々の緑はとてもきれいな状態になります。
また、数はそれほど多くは有りませんが、立ち寄り温泉もあり日帰りでも十分楽しめる観光スポットと言えます。

尚、仙台平と言う場所は、大滝根山の斜面にある場所ですが、ここには国民休養地や、自然公園でもある阿武隈高原中部県立自然公園と言う指定を受けている場所で、レジャー観光や休養の場などで利用されているいます。

 

また、この場所は都心からの距離があり、光の害というものが少ない事からも、大型の反射望遠鏡を持つと言う、天文台や、プラネタリウム館などがあり、夜空を楽しむことが出来るようになっているのが特徴です。

お勧めルート

道の駅の「にしあいづ」は西会津町を横断している国道49号線沿線にあり、その中核をなしている交流物産館のよりっせではミネラルをバランスよく含んでいる地元野菜などを直売していて、食堂では地元の野菜を使用した薬膳料理や軽食などが提供されています。

ミネラル成分の多い野菜は西会津の健康ミネラル野菜と名づけられていて、健康な土づくりに出来上がった栄養分やミネラル成分のバランスの整えられた土で作られたものです。

これらの野菜をよりっせに出荷する生産者は約70名ほどで、毎朝採れたての野菜を生産者自ら店頭へ並べます。民芸品としては西会津の特産の桐で作られた張り子があり、赤ベコや干支をあしらったものや、お面などの形で販売されています。

お菓子加工食品としては、四季を通して親しまれている大山くずゆや、大山まんじゅう、ミルクまんじゅうのかくれ猿や炭火で3回焼き上げた焼き麩などが販売されています。

周辺の観光地としては大山祇神社や鳥追観音、さゆり公園などがありますが、特に有名な景勝地としては一級河川の阿賀川が急に狭くなって、その地形が酒の銚子に似ていることから命名された銚子ノ口があり、紅葉の季節には渓谷とのコントラストが美しくて有名になっています。

西会津に行く前に

道の駅の「にしあいづ」は西会津町を横断している国道49号線沿線にあり、その中核をなしている交流物産館のよりっせではミネラルをバランスよく含んでいる地元野菜などを直売していて、食堂では地元の野菜を使用した薬膳料理や軽食などが提供されています。ミネラル成分の多い野菜は西会津の健康ミネラル野菜と名づけられていて、健康な土づくりに出来上がった栄養分やミネラル成分のバランスの整えられた土で作られたものです。これらの野菜をよりっせに出荷する生産者は約70名ほどで、毎朝採れたての野菜を生産者自ら店頭へ並べます。民芸品としては西会津の特産の桐で作られた張り子があり、赤ベコや干支をあしらったものや、お面などの形で販売されています。お菓子加工食品としては、四季を通して親しまれている大山くずゆや、大山まんじゅう、ミルクまんじゅうのかくれ猿や炭火で3回焼き上げた焼き麩などが販売されています。周辺の観光地としては大山祇神社や鳥追観音、さゆり公園などがありますが、特に有名な景勝地としては一級河川の阿賀川が急に狭くなって、その地形が酒の銚子に似ていることから命名された銚子ノ口があり、紅葉の季節には渓谷とのコントラストが美しくて有名になっています。

ツアーマップ ・たじま・

国道121号線は会津西街道とよばれる南会津地方の幹線道路で、江戸時代には参勤交代の折にも会津若松から日光東照宮を経て江戸に入る主要な街道でした。
栃木と福島の県境となる山王峠は南会津の南の玄関口で、その頂上付近に道の駅たじまがあります。
この道の駅では、軽食の他に山菜やきのこ、漬け物、地酒などの地元の食品や特産の民工芸品などが販売されており、おいしい空気と景色を眺めながらの休憩に最適なロケーションです。
峠を下ると、左手に旧田島町と旧舘岩村にまたがる会津の名峰、七ヶ岳の勇姿が目に入ります。この山は七つのピークがt南北に連なる美しい山容で東北百名山にも数えられています。また、街道に平行して走る会津鉄道の駅名にも使われるほど地元で親しまれている山です。
七ヶ岳の麓で、尾瀬の登山口である檜枝岐への分岐を左に見送りながらも進むと旧田島町である南会津町田島の市街に入ります。
田島は古くから南会津の中心地で旧南郷村、昭和村への分岐点にもなっています。町に古くから伝わる田島祇園祭は800年に余る歴史があり、国指定の重要無形民俗文化財にも指定されており、雪深い南会津の短い夏の一大行事となっています。
田島からは街道沿線にも少しずつ平地が広がってきて、阿賀川の深い渓谷を見下ろしながら会津盆地へと入っていきます。

ばんだいに出かけよう

ばんだいは、福島県耶麻郡磐梯町の福島県道7号猪苗代塩川線上にある道の駅で、「徳一の里きらり」という愛称で親しまれています。

施設の中の物産直売所があり、その中の「ふるさと新鮮農場」と言う所では、磐梯町でとれた新鮮な野菜や果物、米などが販売されており、「おみやげコーナー」では、限定品であるそばせんべいや生どら焼き、ラーメンなどお菓子や地酒、焼き物、赤べこなどの民芸品などバラエティーに富んだ会津のお土産品が豊富に販売されており、「海産物コーナー」では、まぐろや押し寿司、アジの干物やホタテの貝柱などの水産加工品などが販売されています。レストランもあり、地元産の食材を使用して豊富なメニューが提供されています。

特におすすめなのは地元でとれた有機栽培されたそばを「挽きたて、ゆでたて、うちたて」で味わえる手打ちそばで、中でも大根おろしで頂く高遠そばは、大変人気があります。「軽食コーナー」もあり、そばソフトや三色団子などもあります。

「休憩情報コーナー」では、ゆっくり座ってくつろげるスペースもあり、無線LANも無料で使用できます。コンビニや公衆電話、体の不自由な方も安心して使える広々としたトイレもあり、年中無休となっています。

裏磐梯の良い所

地元では会津富士と呼ばれ親しまれている磐梯山。

その南側、猪苗代町周辺を表磐梯と呼ぶのに対して、北側に広がる磐梯高原が裏磐梯と呼ばれるリゾート地です。

磐梯山噴火によってできたこのエリアは、周囲に火山群を擁する自然豊かな地域で、観光の目玉になっています。

中心になるのは、観光道路によって連結された大小さまざまな湖沼群です。中でも最大の桧原湖は、磐梯山の噴火による堰止め湖で透明度も高く、水位が低下する時期には、湖底に沈む以前の集落の名残が水面下に垣間見られるほどです。
このエリアには遊歩道やキャンプ場も多く、運転を楽しむ以外にも、登山やハイキング、キャンプ、バードウォッチングや自然観察、湖上遊覧、フィッシングやウィンタースポーツなど四季を問わず多くのアウトドア派で賑わいます。
さらに、周辺にはスキー場も多く、冬の氷上ワカサギ釣りも盛んなので、冬季でも道路は除雪されており快適に走行する事ができます。
また、温泉や民宿からリゾートホテルまで宿泊施設も数多く、夏には避暑地としても知られています。
ところでこのエリアは、磐越自動車道が走る表磐梯側からのルートの他、吾妻・安達太良の眺望に優れた磐梯吾妻スカイラインを経て東北自動車道へ至るルート、磐梯山塊を横断して会津若松方面に向かうゴールドライン、水芭蕉の咲き乱れる湖岸をまいて蔵の町喜多方に向かうルート、湖どうしを連結する磐梯吾妻レークライン、西吾妻連峰の山岳部を横断して山形県の米沢に向かう西吾妻スカイバレーなど、山岳道路と湖岸道路とがここで合流しています。ドライバーはどんな景色を見ながら次の目的地に向かうか、選択肢も豊富でアクセスも良いエリアです。