日帰りで味わい尽くす

福島県の中にはあぶくま洞と呼ばれる鍾乳洞があります。
この鍾乳洞は、福島県田村市にある洞窟で、現在の釜山砕石場跡地から1969年に発見されたと言います。
この洞窟がある周辺は、あぶくま高地とよばれる場所で、大滝根山の斜面には仙台平と言う、カルスト台地が広がっており、古い時代から石灰岩や大理石の採掘が盛んな地域でもあり、この洞窟が発見されたと言います。

 

春季は、春休みの時期になると、休み中の学生などが訪れたりする観光スポットでもあるのですが、春季は新緑の季節でもあり、周辺の山々の緑はとてもきれいな状態になります。
また、数はそれほど多くは有りませんが、立ち寄り温泉もあり日帰りでも十分楽しめる観光スポットと言えます。

尚、仙台平と言う場所は、大滝根山の斜面にある場所ですが、ここには国民休養地や、自然公園でもある阿武隈高原中部県立自然公園と言う指定を受けている場所で、レジャー観光や休養の場などで利用されているいます。

 

また、この場所は都心からの距離があり、光の害というものが少ない事からも、大型の反射望遠鏡を持つと言う、天文台や、プラネタリウム館などがあり、夜空を楽しむことが出来るようになっているのが特徴です。

Comments are closed.