お勧めルート

道の駅の「にしあいづ」は西会津町を横断している国道49号線沿線にあり、その中核をなしている交流物産館のよりっせではミネラルをバランスよく含んでいる地元野菜などを直売していて、食堂では地元の野菜を使用した薬膳料理や軽食などが提供されています。

ミネラル成分の多い野菜は西会津の健康ミネラル野菜と名づけられていて、健康な土づくりに出来上がった栄養分やミネラル成分のバランスの整えられた土で作られたものです。

これらの野菜をよりっせに出荷する生産者は約70名ほどで、毎朝採れたての野菜を生産者自ら店頭へ並べます。民芸品としては西会津の特産の桐で作られた張り子があり、赤ベコや干支をあしらったものや、お面などの形で販売されています。

お菓子加工食品としては、四季を通して親しまれている大山くずゆや、大山まんじゅう、ミルクまんじゅうのかくれ猿や炭火で3回焼き上げた焼き麩などが販売されています。

周辺の観光地としては大山祇神社や鳥追観音、さゆり公園などがありますが、特に有名な景勝地としては一級河川の阿賀川が急に狭くなって、その地形が酒の銚子に似ていることから命名された銚子ノ口があり、紅葉の季節には渓谷とのコントラストが美しくて有名になっています。

Comments are closed.